事務服JP(事務服ジェイピー)へようこそ!事務服JPは全国の法人・個人の皆様に事務服をご提供するオンラインショップです。

ユーザーの方はログインして下さい

品名や品番などのキーワードを入力し検索ボタンを押してください。
▲素材・色・特徴でも絞込みできます
発売年 2019 メーカー ユーファクトリー
カタログ チクマ ユーファクトリー 2019 このカタログの配送を希望
商品番号 M43041 品名 ジャケット
性別 レディース 季節 オールシーズン
定価 ¥37,500-(税別)/¥41,250-(税込)
販売価格
数量1以上
36% OFF
¥24,000-(税別)
¥26,400-(税込)
還元ポイント
264pt以上
販売価格
数量5以上
40% OFF
¥22,500-(税別)
¥24,750-(税込)
還元ポイント
1235pt以上
ポイント 1%ポイント還元  詳細はこちら
個数 サイズ 価格
(税込)
個数
5号 ¥ 26,400
7号 ¥ 26,400
9号 ¥ 26,400
11号 ¥ 26,400
13号 ¥ 26,400
15号 ¥ 26,400
17号 ¥ 26,400
金額
(税込)
携帯にこのページのアドレスを送る

MARY QUANT × U-FACTORY
ロンドン生まれのファッションブランド、「マリークヮント」と「ユー・ファクトリー」のコラボレーションが実現。
明るい色も好きだけど、今日はシックな色の気分。おしゃれな人はいつも気まぐれ。

●Whats MARY QUANT?
■60年代の流行の発信地ロンドンチェルシーが出発点
「MARY QUANT」は、デザインのマリー・クヮントと後の夫アレキサンダー・プランケット・グリーンが、友人とともにロンドンに開店したブティック「バザー」が始まり。マリーの自由な開発から生まれる服が、多くの若者やセレブを魅了しました。

■ミニスカートを世に送り出し女性の社会進出にも貢献
古いルールに縛られないマリーのデザインは、当時のイギリスのストリート文化と相まって、モッズルックというファッションスタイルの先駆けに。1950年代に発表したミニスカートは世界的なブームとなり、女性の社会進出の象徴とも捉えられるようになりました。

■落書きから偶然生まれたデイジーのアイコン
「MARY QUANT」を象徴するデイジーのアイコン。これは初めからあった訳ではなく、マリーが服のデザイン画にいたずら描きしているうちに生まれ、後にトレードマークとして定着したのです。

■メイクもファッションの一部。その考えから化粧品の販売へ
1966年には、頭からつま先までトータルコーディネートしたい、との考えからコスメティクスも発売。ファッションの考え方を取り入れたメーク用品が世界中で反響を呼び、特に日本で大人気を博しました。

■日本から受けた多大なインスピレーション
1972年以来、幾度も日本を訪れているマリー。着物の美しさや心のこもったおもてなし、繊細な和食の盛りつけなど、「マリークヮント」は日本の多くのものにインスパイアされています。

  • ■使用素材
    メランジツイード ポリエステル56%・毛27%・レーヨン13%・複合繊維(ポリエステル)4%
  • ■素材特長
    ホームウォッシャブル
  • ■形状特長

色番号 色名
サイズ
定価
→販売価格
5号 ¥41,250
→ ¥26,400
(数量4以下)
→ ¥24,750
(数量5以上)
7号 ¥41,250
→ ¥26,400
(数量4以下)
→ ¥24,750
(数量5以上)
9号 ¥41,250
→ ¥26,400
(数量4以下)
→ ¥24,750
(数量5以上)
11号 ¥41,250
→ ¥26,400
(数量4以下)
→ ¥24,750
(数量5以上)
13号 ¥41,250
→ ¥26,400
(数量4以下)
→ ¥24,750
(数量5以上)
15号 ¥41,250
→ ¥26,400
(数量4以下)
→ ¥24,750
(数量5以上)
17号 ¥41,250
→ ¥26,400
(数量4以下)
→ ¥24,750
(数量5以上)

サイズ表はこちら